2024年1月21日

「中絶を望んでいた彼が出産したら変わった。」

「中絶を望んでいた彼が出産したら変わった。」


昨年ライフ・ホープ・ネットワークでホームステイし、出産してシングルマザーになった女性のインタビューです。


Q1. 妊娠がわかった時、どんな気持ちでしたか?

嬉しい気持ちもあったけれど、どうしよう、と思いました。産むのを周囲に反対されそうだったので・・・。

実際、彼にも自分の家族にも反対されました。全部自分一人でやっていける自信はなくて、でも産みたい気持ちが強くて、悩みました。


Q2. なぜライフ・ホープ・ネットワークにきましたか?

一度は産婦人科で中絶手術の予約をしました。初期中絶ギリギリのタイミングで、月曜日に行ってその週の金曜日の手術を予約したのですが、中絶するなら納得してからの方がいいと思って、金曜日までの間に本当に一人でやれないのかを調べました。

仕事を休んで一日使って区役所でどんな支援があるか、ひとり親がもらえる手当などについて聞きました。にんしんSOSにも電話して相談したら、ライフ・ホープ・ネットワーク(LHN)を紹介されました。

それでLHNに電話をして、泣きながら事情を話したら優しく聞いてくれて、「そんなに産みたい気持ちがあるのに中絶したらうつ病になる」「産みたいならサポートする」と言われて、救われた気がしました。

区役所でも金銭面の支援があることを聞いて多少安心していたけれどまだ不安があったのですが、LHNでサポートすると言ってもらえて気持ちが楽になりました。


Q3. ライフ・ホープ・ネットワークでの生活はどうでしたか?

シンシア(家主)に優しくしてもらいました。

一人だったら孤独だったと思いますが、誰かと一緒に生活できて安心しました。

体が不調な時には心配してくれて、助産師さんに聞いてくれたり、病院の送迎をしてくれたり、助かりました。


Q4. 出産してどうでしたか?

産むのは、辛かったです…

でも、出産の痛みを忘れるぐらい子どもは可愛いです。今は目が離せないから大変だけど、可愛いから何でも頑張れます。子どもを守らないといけない、と思います。

出産に反対していた彼も、赤ちゃんを見せたら興味津々で…。意外と3人でもやっていけるかも、と思い、今は彼と一緒に住んでいます。彼は仕事をしているので子どもの世話はそれほどできないけれど、仕事から帰ってきたらすぐ手を洗って一番に子どものところに行っています!


Q5. これからのことについてはどうですか?

これからも3人で過ごして、子どもが大きくなるまで一緒に育てていきたいです。

お互いの親にも認めてもらえるようにしたいと思っています。私の親にはすでに写真を見せましたが、好意的な反応で、年末に帰っておいでと言われています。


Q6. 同じような状況の方にメッセージはありますか?

私がそうだったように、サポートをしてもらえる場所があることを知らない人もいると思います。知らずに一人じゃ無理だからって中絶してしまうのは思いとどまってほしいです。頼れるところはたくさんある、ということを知ってほしいです。

子どもはめちゃくちゃ可愛いです。産んで後悔することはなかなかないと思うので、後悔しないようにLHNや保健センターなどを頼ってほしいです。


妊娠相談はこちらから↓

support@lifehopenet.com

0120-565-257

(年中無休・朝10:00〜夜8:00)

2023年12月29日

年末年始もご相談OK!

年末年始もご相談OK!                                     

 


ライフ・ホープ・ネットワークでは、年末年始も休まず毎日ご相談を受け付けています。


・妊娠をして困っている方

・産むかどうか迷っている方

・中絶後苦しんでいる方


ぜひご連絡ください!


0120-565-257

support@lifehopenet.com

(10:00-20:00)

2023年11月7日

「出産予定日1ヶ月前まで漫画喫茶にいました。」

「出産予定1月前まで漫画喫茶にいました」


先日出産し、赤ちゃんを特別養子縁組に託した女性のインタビューです。

出産予定日1ヶ月前まで漫画喫茶で寝泊まりし、産婦人科も受診できていなかったAさん。母子ともに健康で出産できて本当によかったです!


Q1. 妊娠がわかった時、どんな気持ちでしたか?

検査薬で妊娠がわかった時すでに妊娠3ヶ月でした。

これが初めての妊娠ではなかったので、慌てるより冷静になって「またか・・・できやすいのかなあ・・・」と考えてしまいました。

1回目の妊娠は流産、2回目は中絶してしまっていて、今回は産みたいと思いました。


Q2. なぜライフ・ホープ・ネットワークに来ましたか?

産みたいとは思ったのですが、家族とは縁が切れているし、友達に話は聞いてもらえても助けは求められなくて、どうしようもなく、放置してしまいました。

自分で計算して9月に生まれるんだろうなとは思いながら、ギリギリまで現実逃避していました。

友達の家を転々として、直前の半年間は漫画喫茶で寝泊まりしていました。

赤ちゃんをトイレで産んで死なせてしまったというニュースを見たことと、妊娠を察した友達に「大丈夫?」と聞かれたことがきっかけで、ようやく8月最終日に養子縁組のあっせん団体に相談しました。

その団体から区の保健センターにつながり、病院を初めて受診して、LHNに来ました。


Q3. ライフ・ホープ・ネットワークでの生活はどうでしたか?

過ごしやすかったです。

個室で一人になれる環境があって、でも完全に一人でいるのも病んでしまうので、毎日の夕飯をみんなで食べたり、程よく人と話せるのがよかったです。


Q4. なぜ養子縁組を選びましたか?

家がなく、仕事もなく、自分で育てられないと思ったからです。

養子縁組あっせん団体や保健センターには、養子縁組ではなく施設に預ける選択肢もあると教えられました。

でも、預けてもいつ迎えに行けるかわからない状態で、赤ちゃんが成長を誰にも見てもらえないのはかわいそうだと思いました。私も赤ちゃんの成長を見られないし、施設の職員の人も「親」の立場で見るのとは違います。

それだったら養子縁組をした方が、赤ちゃんは養親さんに自分の子どものように可愛がってもらえるし、自分も安心できるし、みんなが幸せになる選択肢だと思いました。


Q5. 実際に養子縁組してどうでしたか?

出産後一週間、病院で赤ちゃんと一緒に過ごしました。楽しかったけれど、一週間の終わりが近づくにつれて寂しく感じました。離れたくないとも思いましたが、その先の自分の生活のこともまだわかっていないし、決めたのに意見を変えたくないと思いました。

養親さんには直接赤ちゃんを託すことができました。面会の時には、帝王切開をした私の体のことを真っ先に心配してくれました。本当に優しそうで、最初は緊張しながら赤ちゃんを抱いていて、めっちゃいい人たちだと思いました。


Q6. これからのことについてはどうですか?

今もまだ赤ちゃんのことを思い出すことがあります。悲しくなったり、産んだ時のことを思い出したりもします。

でも考えれば考えるほどはまってしまうので・・・。

引っ越しや仕事探しなど、まだこれからやらないといけないことがたくさんあります。

まずは書類の手続きや生活を整えるのが一番です。


Q7. 同じような状況の方にメッセージはありますか?

誰か一人でもいいから、隠すことなく喋れる人を作ってください。

妊娠したことや、その相手がどういう人かなど、言いづらい背景も全部知ってくれている人がいると、何で悩んでいるかわかってもらえます。

一人で考えていると、考えすぎて頭がパンクして何をすればいいかわからなくなってしまいます。人と話すと次の行動が変わると思います。



Aさんのように妊娠したことを誰にも言えずに悩んでいる方、ぜひご連絡ください!

0120-565-257

support@lifehopenet.com

(毎日10:00〜20:00)